2008年06月13日

オフィスでの育て方

オフィスでの育て方

オフィスの空調の位置に注意

・胡蝶蘭は乾燥が嫌いです。

特に空調の風が直接当たる場所には置かない様に注意しましょう。
直射日光も厳禁。窓越しにおく場合はカーテンやブラインドで遮光しましょう。オフィスはエアコンの影響で乾燥しやすいので近くに加湿器を置くか、1日2・3回は霧吹きでお花全体に湿気を与えてあげると良いでしょう。特に蕾がついている場合は、こまめに霧を掛けてあげないと開かずにしぼんでしまいます。

水遣りについて

お祝で頂くと必ず綺麗なラッピングをしてありますが、出来るだけ早く(1週間以内)にはずしてあげて下さい。ラッピングをしたままお水を与えると中に水が溜まってしまい、根腐れや病気の原因になります。

水遣りはオフィス内の乾燥の度合いにもよりますが、大体1週間に1回〜2回コップ1杯〜2杯程度根元全体に与えます。あげるタイミングの目安は根元の水苔を触ってみて乾いてから与えます。

肥料などについて

胡蝶蘭は花の咲いている期間は通常の肥料は要りません。花を長持ちさせる植物活性剤などを与えた方がお花が長持ちします。

季節の管理方法
黄色い胡蝶蘭

春及び秋の管理

胡蝶蘭の生育に最も適した時期で、花もよく持ちます。生育も旺盛な時期で、水を充分与えて下さい。春は太陽光線が強く、日焼けに注意して下さい。直射光線下で育てるのは不可能です。

冬の管理

低温に弱く、気温が5度以下の所で育てるのは無理です。外気のあたらない暖かい所に置いて下さい。気温が15度以上保てれば普通の管理ができます。乾いたら水を与えて下さい。温度が不足する所では、乾かし気味に管理します。冬越しで気をつける事は10℃以下にしないことと、暖房によって空気が乾き過ぎないようにする事です。

夏の管理

クーラーの吹き出しの近くなどは花が乾燥するため、避けてください。クーラーの無いところでは、暑くない、風通しの良い所においてください。水は乾いたらたっぷり与えてください。
posted by 胡蝶蘭 at 02:43| Comment(0) | 胡蝶蘭のお手入れ法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。