2008年06月20日

法人間の贈り物に胡蝶蘭が選ばれる理由

胡蝶蘭人気の背景

1970年にメリクロン苗(優良個体の大量繁殖)が日本に紹介され、その技術で花が咲き始めた1975年頃から洋蘭の量産が可能になり、飛躍的に市場に広まります。
蘭は通常、同じ親から生まれても同じ花は咲かないのですが、それがメリクロン苗の技術によって同じ個体から一度に何万本もの蘭の生産が可能になったのです。

胡蝶蘭セミアルバ蘭は通常年に1回の限られた季節に開花します。
しかし、胡蝶蘭では花の咲く季節を調節する技術が開発され、季節を問わず胡蝶蘭の大量生産が可能になると、年間を通して利用できるギフト商品として紹介され、年中花屋さんのウィンドウを華やかに飾るようになりました。

蝶が舞うような花姿、優雅にカーブを描く茎と、その優美な名前でたちまち人気になり、開店祝い・新築祝い・誕生祝い・叙勲祝い・喜寿・米寿祝い等の慶事、贔屓の役者さんへのプレゼントなどに贈られるようになりました。


それでは、なぜ胡蝶蘭なのか?

お中元、お歳暮に代表される日本のギフト市場の歴史は古く、卑弥呼の時代から「贈り物文化」は 存在しているそうです。
また、他の国々と比較してみると、日本には贈り物に対する独特の文化が根付いていることが分かっており、日本人が大切にしている「恩」や「義理」といった、他人を思いやり感謝をする精神が、贈り物の文化にも反映されているのではないでしょうか。

そのような背景から、相手に対する敬意や最高のものを贈りたいという国民性、また、その優美な花姿から『花の女王』と呼ばれ、贈り物として人気が高く、花持ちの良い胡蝶蘭が選ばれるようになったのです。もうひとつの理由として、値段がある程度高いのも選ばれる要因の一つでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。