2008年06月20日

再び花を咲かせる方法

お花をもう一度咲かせたい

オフィスの乾燥した環境下では貰った時と同じような立派な花を再び咲かせる事はかなり難しいかと思いますが、蕾から咲いたお花を見ればきっと感動すると思います。

まず、花茎を良く見ると約10cm間隔に節があるので、この節の下(根本)から二つ目の上2cmの所で切ります。
切る時期はお花が半分くらい終わった時がちょうど良い頃です。

まだお花が咲いているのにもったいない気もしますが、早ければ早いほど養分を使い切らずに次の花が咲きやすくなります。
また、切ったお花はお水に挿しておけば暫くは切花として楽しめます。

切った後は今まで通りの管理方法で良いですが出来れば北側や遮光した窓際の優しい光が当たる場所が良いです。乾燥対策の為こまめな霧吹きも忘れずにしましょう。

お花が終わった後の処分について

趣味で胡蝶蘭をお好きな方が近くにいらっしゃるなら株だけでも差し上げれば喜ばれます。
温室に入れて湿度を与えて育てれば来年もお花を付けることが出来るからです。
ただ本格的に育てるにはそれなりの知識や手間が必要です。
posted by 胡蝶蘭 at 01:58| Comment(3) | 再び花を咲かせる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。